土鍋の修理方法を解説!業者に依頼する場合の費用についても

土鍋の修理方法を解説!業者に依頼する場合の費用についても
土鍋が割れたり欠けたりしてしまった際、多くの方が修理の可否や方法を検討されることでしょう。

本記事では、そんな土鍋の修復方法について詳しく解説します。また、自分で修理する際のポイントや、プロに依頼した場合の費用についても触れていきます。

土鍋は温度変化や乾燥によってヒビが入ることがありますが、適切な方法で修復すれば再び料理に使えるようになります。修理方法には金継ぎや特定の接着剤を使用する技術が含まれます。

 

土鍋の修理・修復は可能?

土鍋の修理・修復は可能?
土鍋が割れてしまった場合でも、修理は可能です。特に小さなヒビや欠けは、金継ぎという伝統的な技術を用いて自宅で修復することができます。この方法では、特別な漆と金粉を使って隙間を埋め、土鍋を元の美しさに戻します。

しかし、直接火が当たる部分や特に高温になる箇所については、耐熱のパテや接着剤を使用することが必須です。材料の選択を間違えないようにすることが重要です。修理後は再びおいしい料理を土鍋で楽しむことができるようになります。

 

自宅でできる土鍋の応急処置方法

土鍋が割れた際の応急処置として、まずは清潔な布で割れ目をきれいに拭き取ります。その後、食品安全な接着剤を用いて隙間を埋めることが重要です。この修復方法では、接着剤が完全に乾燥するまで、土鍋を動かさないように注意してください。

乾燥後は、弱火で少量のおかゆを炊くことで、土鍋の耐熱性をゆっくりと回復させることができます。この方法で、一時的にですが土鍋を再び使用することが可能になります。

修復に使用する接着剤の選択は非常に重要で、陶器専用のものを選ぶと良いでしょう。また、ヒビや割れの原因となる温度変化にも注意が必要です。急激な温度変化は陶器にストレスを与え、ヒビを拡大させる可能性があります。料理をする際には、常に温度を均一に保つために弱火を使用し、急激な加熱を避けるようにしましょう。

以上の方法で土鍋の一時的な修復は可能ですが、より長期的な解決策を求める場合は、金継ぎという伝統的な修復技術を検討するのも一つの方法です。金継ぎは、割れた陶器の部分を金や銀で接着し、見た目も美しく修復する技術です。この技術を用いれば、土鍋を美しく、かつ機能的に修復することができます。

 

土鍋の修理・修復方法

土鍋の修理・修復方法
ひとつには金継ぎと呼ばれる伝統技法を用いる方法があります。

この方法はヒビや割れた部分を美しく修復することができます。専用の漆と金粉を使用し、割れ目を丁寧に埋めていきます。

しかし、破損部が直接火にかかる場所や、非常に高温になる箇所の場合は金継ぎ修理はできない場合があります。耐熱性のあるパテや接着剤を選択ししっかりヒビや割れを隙間なく接着し、埋めましょう。

 

ひび割れの場合

まず、ヒビから水が漏れないようにしなければなりません。ヒビに対して耐熱性がある接着剤を浸透させるように充填してしっかり水漏れを防ぎます。充填後は必ず水を張って、水漏れができているかを確認する必要があります。

水が少しでも漏れてきたら、漏れ出ている箇所を確認し、該当部位に再度接着剤を充填しましょう。水が漏れなくなるまで何度も繰り返します。

 

一部欠けた場合

一部欠けた場合も、高熱にさらされる箇所の場合は金継ぎ修理は避けた方が良いでしょう。耐熱性と食品衛生基準を兼ね備えたパテを準備して欠損部を充填します。紙やすりで形を整えることでより良い見栄えとなるでしょう。

 

二つに割れた場合

二つに割れてしまった場合は、耐熱性を備えた接着剤を用いて接着しましょう。この時、絶対にずれないように接着することが重要です。ずれて接着してしまうと修理後に水漏れの原因になるほか、強度不足の原因にもなり非常に危険です。慎重に行ってください。

 

土鍋の修理を業者に依頼する場合の費用

土鍋の修理を業者に依頼する場合の費用
土鍋を修理する際、業者に依頼する費用は状態によって異なりますが、「M&I」では5ミリ程度軽微な欠けや割れであれば4500円で依頼できる「クイック金継ぎ」や他に4000円で依頼できる「クイックリペア」というサービスメニューが用意されています。

欠けや割れの程度によって費用も変わってきますので、破損状態がわかる写真をLINEやメールでお送りいただければ無料でお見積もりが可能です!

 

土鍋の修理を依頼するなら

土鍋の修理を依頼するなら
「M&I」は2006年創業で東京都世田谷区のウルトラマン商店街に店舗を構えており、日本全国から多数のご依頼を頂戴しております。

単に修理の技術だけでなくお客様のお品への想いを受け止めて作業することを重視しています。近年ではTBS「back stage」や「冒険少年」、日本テレビの「news every」や「ヒルナンデス」でもその高い技術が紹介されました。

それぞれのお客様のご要望に適したサービスを提案しており、お品への保険やお品の安全な保管、配送時の梱包の工夫、お品物への保証などサービスの充実に力を入れています。
 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました