日蓮聖人の修繕

こんにちはM&Iです!

突然ですが日蓮と聞いて誰なのか分かりますか?

日蓮は鎌倉時代の日蓮宗の宗祖でございます。
ん?難しそうでピンときませんか?

では、「南無妙法蓮華経」なら?
葬儀の際に南無妙法蓮華経を唱え安らかな成仏を祈る日蓮の教えは現代にも受け継がれています。

ご依頼の修理箇所はこちらです↓



欠けてしまったり、塗料が付いてしまったり、台座にも欠けや剥がれが見られますね。。。
丁寧な作業が求められます。

頭部や頬は丸みがあるので埋めたり削ったりしながらカーブが繋がるように慎重に形を合わせていかなければなりません。
肌の色も作り、なじませるように着色します。
M&Iでの修理は元に戻すことが基本です。
なので色に関しても”似ている”ではなく”同じ”色が出るまで混色を繰り返していきます。

完成がこちらです↓↓↓


修理箇所が分からないように仕上がりました。

お釈迦様の教えを日本中に広め、社会全体の幸せを願った日蓮聖人。
思わず手を合わせたくなりますね。。。

タイトルとURLをコピーしました