マグカップの取っ手 プラチナ継ぎ

M&Iでは様々な素材の修理を取り扱っております。
本日はマグカップの修理をご紹介します。

こちらがご依頼品です↓↓↓

取っ手が割れてバラバラになっていますね。

陶器製品が破損すると細かい破片が飛び散ってしまい組み合わせてみても足りなかったり隙間が空いてしまうものですよね。
でもご安心を!
もしも足りないパーツがあった場合は再現して造りますのでご心配なく!

陶器の修理はまず破片を組み合わせて元の形を復元することから始めます。
小さな隙間なら埋め、必要なパーツは造ります。
全体を見ながら違和感が無いように成形し、色や質感も併せて仕上げていきます。

陶器は「合成樹脂直し」か「金継ぎ」のどちらかでお直しをしていますが。。。
今回は「プラチナ継ぎ」でお直しをしました。
≪プラチナ継ぎとは≫
金粉を使用する金継ぎのプラチナバージョンです。

まず金継ぎというのは↓↓↓
※歴史※
金継ぎという技法の歴史は古く、室町時代から続いています。
割れてしまった茶器などに金継ぎを施すことによって新たな芸術作品を生み出すという考えが始まりと言われています。

※技法※
割れてしまった陶器を漆にて接着し金粉を撒いて仕上げます。
当社では天然の漆と純金粉を使用しています。

完成がこちらです↓↓↓


背景の色で金色っぽく見えてしまっていますが💦
実際はプラチナカラーの仕上がりです。

当社の金継ぎ・プラチナ継ぎは磨いていますので、元からあった模様のように馴染み品よく仕上がりますよ♪

当社では様々な素材の修理をお受けしております。
これはどうかな?と思うものは便利なLINE見積りもとれますよ!
お困りのことがございましたらお気軽にお問合せ下さいね。

タイトルとURLをコピーしました