マグカップの取っ手の修理

今回はマグカップの修理をご紹介します。
壊れてしまったのは取っ手の部分です↓↓↓

破片がたくさんあります↓↓↓

まずは取っ手の部分の破片を組み合わせる作業から行います。
陶器は破片を集めても足りないパーツがあるものです。
小さな隙間なら埋めて処理をしますが、大きなところや何かのモチーフになっているところは造ります。

そして修理の技法ですが陶器の場合大きく2種類ございます。
「合成樹脂直し」か「金継ぎ・プラチナ継ぎ」です。

今回は合成樹脂直しでお直しをします。
≪合成樹脂直しとは≫
陶器や置物、お人形、観賞用美術品に合成樹脂を使用して直す修理法です。
修理跡が分からないぐらいキレイにお直しできますが、食器類の場合は飲食での使用はできなくなります。

完成をご覧ください↓↓↓


滑らかな表面と取っ手の曲線がキレイに再現できました。

大切にしているものが壊れてしまってもそこで終わりではありません。
M&Iにお任せいただければ蘇らせることができます。

当社へは梱包できるものでしたら全国どこからでもご依頼いただけます。
お困りの際はお気軽にお問い合わせくださいね。
スタッフ一同、お待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました