陶器人形の修理 合成樹脂でお直し

M&Iのブログをご覧いただきありがとうございます!

当社はものを直す会社です
このブログをご覧いただいているということは何かお困りでしょうか?
当社はお受けできる素材が幅広く、紙と機械類以外はお直しできますよ
ご興味があるカテゴリーがございましたら是非ご覧ください♪

さてこのブログではbefore⇔afterの画像を掲載して修理について分かりやすく説明しています
M&Iの修理・修復を身近に感じていただけたら嬉しいです

今回ご紹介するのは陶器人形の修理です
人形と言ってもたくさんの種類がありますよね?
五月人形やひな人形、博多人形、などの日本古来からある人形
ブランドの磁器人形や人気のキャラクター人形、陶器製と言ってもそれぞれに特徴がありどれも魅力的です

では早速、本日の修理をご紹介します!

修理前の状態

こちらが修理をする陶器のお人形です↓↓↓

女の子は↓↓↓

男の子は↓↓↓

どちらも断面がギザギザしています
二人とも足のところが折れてしまっています
何とも痛々しい光景ですね💦
早急に修理しなくては!!

陶器製のお人形の修理方法は「合成樹脂直し」です
この技法でキレイにお直しをします!

合成樹脂直しとは

適応素材・技法

お人形や置物、観賞用美術品に合成樹脂を使用する修理法です
修理跡が分からないぐらいキレイにお直しできます

修理後の注意点

お直しをするものが普段使いの食器類の場合、合成の樹脂を使用しますのでお口に触れる飲食でのご使用はできなくなります

作業内容

まずは断面の観察とお掃除です
陶器の場合、破損後もポロポロと粒状の材料が取れます
これをキレイに除去することで接着や復元の完成度は上がります
逆に除去せず接着してしまうと微細な隙間が空いた状態で中が弱いままとなってしまいます
埃や汚れ、油分などを丁寧に除去し修理前の下準備をします
破片を合わせてみてどのくらいの隙間が空くのか、なくなってしまった破片によって補修材で埋める作業も必要かを確認します
この観察は今後の作業内容を決める大切な工程です

次に接着です
この作業は集中力と良い緊張感をもって慎重に行います
なぜならわずかでもズレてしまったらすごく目立ちますしその部分が”違和感”となってしまうからです
たとえそのズレが1ミリ以下だとしても当社の職人たちはそのまま続行はしません

無事接着し隙間を埋め削って元の形になじませるように成形します
当社の修理は接着して終わりではありません
形を復元し、見た目も完璧に再現して、まるで壊れる前にタイムスリップしたかのような仕上がりを目指しています

形の復元が終わると着色です
全く同じ色を作るということは簡単なことではありません
例えば赤1色を指しても何種類も存在しています
この接着の工程は職人の感覚に任せます
毎日毎日修理を行っている中で身についた”勘”も技術の1つだと思っています

ではМ&Iの職人がお直しをするとどうなるでしょうか
仕上がりをご覧下さい↓↓↓

修理後

完成はこちらです✨
女の子↓↓↓


男の子↓↓↓


痛々しかった姿はもうどこにもありません
風合いを損なわずどこから見ても修理跡が溶け込んでしまったかのような仕上がりです
このお人形たち、何だか表情が明るくなったようにも見えるのは気のせいでしょうか!?
これからも見る方に癒しをお届けしてくれることでしょう✨

修理・修復なら『М&I』へ

大切なものが壊れてしまった!という経験はほとんどの方にあると思いますが
壊れてしまったけれど直してもらえました!という経験は少ないのではないでしょうか?
このブログをご覧いただき壊れたものでも直すことができると知っていただけたら嬉しいです

今回は陶器人形の復元修理でしたが、カテゴリーを見ていただくと分かるように当社では非常に多くの修理を取り扱っております
修理の他にジオラマやフィギュアなどの色褪せを復活させるリペイントや陶器類ではマグカップの取っ手が割れてしまったので取っ手を除去して湯呑茶碗にリメイクしたい!というご要望にもお応えしています
技術を応用してご要望に幅広くお応えできるよう日々技術を磨いております

M&Iの職人たちはキレイに直して喜んでいただきたい!と、この一心で修理に取り組んでいる者はかりです
時には難しいご依頼もありますが、どうしたら問題をクリアできるだろうかと前に進むことしか考えません
それは大切なものが壊れてしまったショックな気持ちと、直って嬉しい!と感動した想いを知っているからです
お品物と一緒に壊れてしまった時のお気持ちもお預かりします
そしてキレイにお直しをして喜びに変えます
そのようにして今まで修理という仕事と向き合ってきました

お手元に壊れたままになっているものはございませんか?
長年の劣化により元の色に塗り替えたいものはありませんか?
そのようなご要望をまずはご相談という形でお話を聞かせて下さい

M&Iへのお問合せは電話やメール、LINEでお受けしています
梱包できるものは全国どこからでもご依頼可能ですよ

お困りの際は『М&I』へ!

最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました